そもそもテキストエディタとは

今更過ぎて聞けない、テキストエディタの知識

そもそもテキストエディタとは

原点回帰として

プログラミング作業をこなしている人向けに記事を作成しているが、ここで今更ながらのことを少し話そうと思う。ここまで読み勧めている人なら大半は既に分かっているだろうが、もしかしたら何となく読んでいるんだけど、そもそもこの記事で取扱っているテキストエディタってなんだろうと、今更ながら分からない人もいるかもしれない。またよく分からないまま利用している人も中にはいるのではないだろうか。これは別に珍しいことではない、筆者も当然のように使用している何かについて説明を求められたとき、考えたらよくその本質を知ろうとしていなかった、なんてことに気付かされる場面はよくある。知らないことの方が大問題と取られるかもしれない、でも利用できているならそれでいいだろうという結論に至ってしまう、なんてこともあるものだ。

まぁ何事も物事を知ろうとする探究心を重視するという点で、ここで改めてテキストエディタについて話をして見ようと思う。

具体的な概要として

テキストエディタとはつまり、文字のみのファイルをコンピュータ上で作成し、編集する事が出来て、更に保存することが出来るソフトウェアとなっている。これはパソコンに既にインストールされているMicrosoft Wordといったワープロソフトと同一ではなく、画像やデータの挿入などの装飾関係に対応していないソフトであることも、先に話した内容を見ていただければ理解できるだろう。また基本的に英文を主流として扱う、プログラミングをする人には便利な記事作成ソフトといえば分かりやすいかもしれない。

明確な違いはもちろんある、それはテキストエディタについては余分な省き文字を入力することに特化していることもあって、動作が軽快で長文を書く際に重宝されていることもプログラミング作業に適している。Wordでプログラミング作成をしようと思えば出来るかもしれないが、あまりお勧めするモノではないので予め追記しておく。ではそんなテキストエディタを利用することで得られる、メリットについて少し考えてみようと思う。

メリットとして

通常の文章を作るだけの記事作成にはテキストエディタを利用することも確かに長けている、ただそのメリットを最大限活かすことが出来るのがプログラミング作成において発揮される。そういったことも含めて、テキストエディタを利用することによって生まれるメリットとは何か、少し列挙してみよう。

  • 1:素早いキーワード検索が可能となる
  • 2:他のOSでも文字化けしないで表示することが出来る
  • 3:何行欠いたのかを把握することが出来るため、分量を大まかにではあるが予測することが出来る
  • 4:自分の好きなところで改行してから読むことが出来る
  • 5:キーワードについては、強調表示することも可能
  • 6:編集している行の、アンダーラインで強調できる

メリットとしてはこんなところだ、こうしたことから文章を作成するだけでも十分利用することが出来るのだが、このソフトを生かすことによってプログラミングにおいてもその進化を体感することが出来る。Vimで何となく話をしたと思うが、あくまでプログラミングをこれから学ぼうとしている人向けに書いたため、分かりにくいという人もいるかもしれないのでもう一度考察してみよう。

プログラミング用テキストエディタとしての機能

実際にプログラミング作業をすることになったらかなりスピードが求められる仕事となっている。それをこなすためにVimを例にしてどうすれば作業が効率か出来るかについての例を参考までに紹介したが、そもそもどうしてそんなことをしなければならないのかについて述べると、様々な文字列を検索することによって素早く編集することが出来る機能を必要としている。そのためVimだけではなく、大半のテキストエディタにプログラミング作業を行っている人向けの機能が備わっている。言語を色分けする、入力を補完するといった物は全てプログラミング作業において備わっていなければならない、テキストエディタとしての基本ステータス、そのように見るといい。こうした機能をふんだんに利用することによって、プログラミングをする際に生じる負担を軽減することが出来る。Vimはその機能をフルに生かせれば作業効率が計り知れないものとなっているため、多くのプログラマーから愛されている。


何でも良いというわけではない

ならばとVimを導入してより作業を挙げようと考える人もいるかもしれないが、テキストエディタをあまり利用したことがない人からすれば、Vimはかなり難易度の高いものとなっているため、初心者向けとは言えない。ある程度中級以上となる人向けのソフトであり、これまで触れたことがない人はまず使い方に慣れる事を目的として、その他の初心者でも利用しやすいテキストエディタから始めた方がいい。

手っ取り早いソフトとしてあげるのであれば、究極なのだが『メモ帳』も立派なテキストエディタだ。機能もいたってシンプルでまさに初心者向けとなっているため、練習という意味ではメモ帳から始めてみると、コストもそこまで生じないので得かも知れない。わざわざ有料のソフトを最初から購入することもありだが、小手鳴らしも兼ねてならメモ帳から簡単に、テキストエディタとはどういうものなのかを理解することから入ってみるのもありだ。ではここから、メモ帳以外の初心者でも入りやすく、そして扱いやすいテキストエディタとは何か、紹介していこう。

言語開発

↑ ページの上部へ