初心者にもお勧めなTepa Editor

今更過ぎて聞けない、テキストエディタの知識

初心者にもお勧めなTepa Editor

日本発のテキストエディター

今やテキストエディターはパソコンに搭載されている事が基本中の基本となっており、メモ帳を使用したことがあれば誰でも利用した事がある者だという事は理解できるところだ。そういった事を踏まえて話をすると、世界各国で開発されているテキストエディターは山ほどある。予めプリインストールされているものもあれば、有料で買わなければ使用することが出来ないものもある。パッケージ製品を含めて全体的な商品数を考えてみると、その数を把握する事は結構困難だ。それはこの日本においてもそうだ、日本で開発されたテキストエディタもかなりの種類が開発・リリースされているため、どれを選んでいいのか分からないという場合もあるかもしれない。そんな中で特に初心者へお勧めとなっているのが、『TepaEditor』だ。

こちらのテキストエディタは日本人ならではのアイディアを凝縮したものとなっており、元々海外で生まれたパソコン機能を生かすため、そしてテキストエディタを用いるプログラミングなどを使用する際に、何気にこれがあれば便利な機能も搭載されているのが、TepaEditorの特徴となっている。

日本で開発されたテキストエディタだからこその利点

TepaEditorにはJavaを初めとした言語に合わせて編集することが出来るモードが存在している、というのはどのテキストエディタにも今や当然のように装備されている機能だ。ただVimではしなくてはならない設定を、TepaEditorでは設定する必要がないものもある。その一般的な例として、日本語関連の設定を一切行う必要がない。これは日本人が使用することを想定して開発されたものとなっているためであり、日本人が最初から抵抗感なくテキストエディタを利用できるように開発されているためだ。

初期に行う設定であり、そしてカスタマイズの1つでもある配色設定から入る。そこからの設定については自分なりに利用しやすいようにカスタマイズして行くことになるわけだが、なによりこのテキストエディタの魅力はとてもシンプルな作りをしていることが大きい。

初心者がいきなりテキストエディタの全ての機能を使用できる、というのは少々考えられない。特にVimで考えれば分かるところだが、操作が非常に複雑だ。マウスを基本使用しないでキーボードを利用してのカーソル移動をしなければならない。なおのことまずはテキストエディタの機能を、最初に使い慣れるためにはやはり初心者向けの、特に日本人なら日本語設定などといった細かな処理をしなくて良いところから入りたいところだ。

そういう意味で、TepaEditorの機能には指定した文字数で改行する、アルファベットの大文字と小文字を統一させたりする機能も満載となっているため、試しに使用したい、もしくは利用するに当たって便利な機能が搭載しておいて欲しいとという人にも適しているテキストエディタだ。


カスタマイズをしたい人には物足りない

最低限、これだけは備わっていなければならない機能というのは人それぞれだ、そのため必ずしもTepaEditorが最適なテキストエディタとは言えないのを述べておく。あくまで初心者向けの、そこまであれやこれやと機能が求めていない、練習程度に利用出来れば十分だという人を対象としているソフトと考えればいいだろう。そのため、カスタマイズをすることで自分なりにオリジナリティを出すことが出来るVimとは違って、最小限の機能を生かすことになる。

マクロ機能もないためテキストエディタ好きのマニアにはちょっと使いづらいところではある、上級者ともなればやはり先に紹介したVimなどを利用する事がお勧めである。ただいきなり誰もがそんなVimを利用するのは難しいため、プログラミング作業を嫌いにならないためにもまずはハードルを下げる形で、TepaEditorから参入した方が良い。

やはりある、ユニークな機能

シンプルで使いやすいところにこのTepaEditorのテキストエディタとしての価値が集約されているわけだが、そんなソフトにも他にはない面白い機能が搭載されている。その例として、開いているテキストファイルの全体、もしくは一部を画像形式に変換することが出来る機能が備わっている。普段の生活ではあまり活躍する頻度は少ないかもしれないが、海外ユーザーに向けての日本語メッセージを送る場面などで役に立ったりする機能だ。頻繁に使用する機能でもないが、たまに利用するときもあるかもしれない。

次に、ランチャー的な役割を持っている『ツールランチャー』というのも、このTepaEditorにおける面白い機能だ。統合環境的な性格を持っているテキストエディタにおいては一般的な機能となっているものだが、それはこのTepaEditorも例外なく搭載されている。

全体的に分析すると初心者としては最適なソフトであるのは言うまでもない、だが手馴れている人にしてみればカスタマイズをすることも出来ないことから、初心者期に利用する分には構わないという場合がほとんどだ。将来的にVimといった複雑かつ、自分なりに利用することが出来るアレンジのきくソフトを使用することを前提にしている人でも、まずはTepaEditorから学んでみるといいだろう。

言語開発

大正区・港区・西区・浪速区の賃貸マンション・戸建・アパートなどのお部屋探しから貸店舗まで大阪市内全域の不動産物件なら、ミニミニFC大正駅前店にお任せください!大正区 賃貸情報満載でサポートします!

↑ ページの上部へ